【 今だけ!新規口座開設で最大51,000円をプレゼント♪ 】
当キャンペーンは終了致しました。


1分で分かる証券取引の特徴

証券は財産価値のあるものや財産の証明書の総称

証券とは日常色々な意味で使われますが、財産的価値がある有価証券と財産権利の証明である証拠証券の2種類に分類されます。この証券は私達にとって無くてはならない存在で常に身の回りに溢れています。例えば誰もが毎日利用するお金も正式には日本銀行券と呼ばれる証券の一部に入ります。また、私達、投資家の間で資産運用の手段として利用されている株や債券なども証券の一部です。このように証券は一言でいっても数多くの種類が有り、私達の生活に無くてはならない存在となっています。

有価証券と証拠証券の2種類

大きく分けて有価証券と証拠証券の2種類

証券種類は冒頭でも触れた通り、有価証券と証拠証券の2種類に分類されます。まず始めに証拠証券とは、財産法上意味のある事実が記載され、その証明になる書面の事です。少し難しい説明になりましたが、身近な例で説明すると、皆さんが持っている預金通帳もこの証拠証券にあたります。一方、有価証券とは、株券や債権、投資信託などの財産的価値のある証券の事をいい私達投資家に資産運用の手段として証券会社を通して売買されます。

初心者でも簡単に取引可能なものからプロご用達の難しい物まで様々

初期費用や難易度は商品によってまちまち

証券は上記で説明した通り様々な種類が有り、それぞれ特徴も違います。ここでは私達が実際に証券会社を通じて資産運用の手法として取引する有価証券について説明していきたいと思います。こちらも掘り下げると株・債権・投資信託・国債など様々な種類が有りますが、以下に主要の証券の特徴をまとめましたのでご覧下さい。

国内株

東証・大証・マザーズなどの国内株式市場に上場する企業の株式への投資

■外国株

GOGLE・アップルなど米国株や中国株などの世界的企業の株式への投資

新規公開株(IPO)

新たに株式市場に上場する株式への投資

信用取引

投資家が証券会社から資金や株を借りて、売買をおこなう取引

■るいとう株

株式累積投資とも呼ばれ、選んだ銘柄を毎月一定額ずつ、積み立て方式で買い続ける投資商品

単元未満株(ミニ株)

各企業の最低売買単位数に満たない株数を売買する商品

■ETF

海外株式や金や原油の商品価格などに連動する投資信託

ETN(指標連動証券)

新興国株式やレアメタルなどに連動する投資証券

REIT(不動産投資信託)

国内外の不動産で運用されている不動産の投資信託

■先物・オプション

定められた期日に特定の商品を現時点で決めた価格で取引する商品

債券

国や政府などが、資金を投資家などから借り入れるために発行する証券

FX(外国為替証拠金取引)

外国の為替を売買する取引

■CFD(差金決済取引)

証拠金をベースとして現物株、指数、先物、通貨等の取引

初心者にはリスクの低い債券取引がお勧め

自分にあった商品を選ぼう

証券は上記で説明したように種類も特徴も様々でのその選び方は自分で見極める必要があります。株や投資信託、債券や国債などあげたらきりがない位様々な種類があり、日々誕生しています。ただ売買するだけの分かり易い物もあれば、オプション取引のように様々な商品を複雑に組み合わせて一つとしている物もあります。だからこそ自分でどのような商品かを理解しないといけません。一般的には債券投資信託株式取引の順で難易度が高くなると言われています。初めての方は一番リスクの少ない債券投資から始めてみる事をお薦めします。

最短翌日から取引OK!証券会社の口座開設から有価証券の購入までを説明します。

今回は投資初心者に人気のマネックス証券を使った売買方法をご紹介します。


証券口座の口座を開設

①証券会社で口座開設


銀行口座を作るのと同じように証券口座を開設します。申し込みは全てWEB上から行え数分程度で完了します。その後は証券会社から書類が送られてきますのでそちらに署名・捺印をし返送。書類に不備が無ければすぐに口座が開設されます。


証券口座にログインし自分の銀行口座から入金

②証券口座にログインし銀行口座から必要資金を入金


口座が開設したら口座開設通知に記載されているID、パスワードで自分の口座へログインします。売買に必要な資金は自身の銀行口座からインターネットバンキングを利用し証券口座へ移します。


購入したい商品を選んで買い注文を出す

③購入したい商品を選んで買い注文を出す


自分の欲しい商品を検索し見つかったら現在の価格を確認し、買い注文を出します。もちろん売り注文も同じ手順でOKです。また、受け付け完了後に注文内容の確認や取り消しを行なう事も可能です。

証券取引に関する良くある質問です。

証券取引についてのよくある質問をご紹介! 質問

証券取引は初心者でもできますか?

証券取引が初めての方はプロに運用を任せられる投資信託をお勧めします。また、商品数も数十種類あるので自分の投資スタイルに合った商品を選べます。

質問

証券取引はどこで行なえますか?

全国の証券会社を通じて売買可能です。大手ネット証券会社ではマネックス証券が取り扱いをしています。

質問

証券取引はいくらから始められますか?

各商品ごと違いますが、単元未満株なら最低1円から取引可能です。

質問

証券取引には、どんなものがありますか?

株式や投資信託、債券など様々で掘り下げると種類も数十種類以上に及びます。常に新しい商品が登場し、最近では投資信託の一種であるETNが上場されました。

質問

証券取引にはどんな税金がかかりますか?

各商品ごとに税率は変わってきますが、最も人気の有る現物株取引ですと利益に対して10%の税金が掛かります。

個人投資家の証券取引の感想

証券取引のクチコミ

初めての資産運用で投資信託を選びました。知識の無い私でもプロに運用の全てを任せれるので安心して参加出来ました。銀行に預ける何倍も高い利回りを期待出来るみたいなので、預けたお金がどれ位増えるか楽しみです。(30代 主婦 マネックス証券を利用

証券取引のクチコミ

最近話題のETNは難しい商品だと考えていましたが取引方法も手数料も株と一緒だったので思い切って始めてみました。新興国の株式やレアメタルも価格の連動対象になっているので現物株の取引とはまた違った値動きがあって楽しいです。(30代 サラリーマン マネックス証券を利用

証券取引のクチコミ

外貨投資に興味があり以前は外貨預金をしていましたが、好きな時におろす事が出来ないので自分の好きな時におろせる外貨MMFに切り替えました。外貨預金と比べて利回りも高いですし税金面でも為替差益に税金がかからないので切り替えてよかったです^^(30代 サラリーマン マネックス証券を利用

どの証券会社を使うかが最大限に利益を上げるポイントです。

証券取引には取引手数料が安く、ネット上で全てが完結できるネット証券会社がおすすめです。手数料が安ければその分、利益も出し易くなりますし、ネット証券会社を使う事でわざわざ証券会社に出向く必要もありません。パソコンでも携帯でもインターネットが使える環境であれば時間や場所を選ばず取引が可能となります。尚、以下が証券取引で人気のネット証券会社です。今なら期間限定キャンペーンも実施していますので大変お得です。

<証券取引で人気のネット証券会社>
証券会社名
※クリックで公式サイトへジャンプできます。
最低購入金額 手数料 モバイル対応/スマホ 無料セミナー 電話サポート
マネックス証券 1,000円 105円~ ○/OK 24時間対応

たった3分でお申込み完了!最短翌日からお取引可能です。

マネックス証券の口座開設は非常に簡単です。お申込みは全てインターネット上から行え、所要時間も約3分程度です。お申し込み後はマネックス証券から書類が送られてきますのでそちらに署名・捺印をしご返送。書類に不備が無ければ口座が開設されます。

口座開設の手順
口座開設はこちら
証券取引を知ろう!
投資商品一覧
お薦めの証券会社

マネックス証券