【 今だけ!新規口座開設で最大51,000円をプレゼント♪ 】
当キャンペーンは終了致しました。


1分で分かる債券投資の特徴

国や企業が投資家からお金を借りた証明書

債券とは借用証書の一種で国や企業などが、投資家からお金を借りる際に発行する証明書の事です。この債券にはそれぞれの発行体によって、あらかじめ利息や満期日が定められており、債券に投資した投資家は定期的に利息を受け取りつつ元本の返却を待つ事が出来ます。また、債券は企業が資金調達の為に発行するという点では、株式と目的は同じですが、満期まで保有するとほぼ100%の元本割れが無い点や毎年利息を受け取れる点を考えると最も安全な金融商品といえます。

ほぼ100%元本以上の金額が戻ってくる

債券メリットは以下2点が挙げられます。

元本割れの危険性がほとんど無い

①元本割れがほぼ100%無い

債券は満期日に額面通りの金額が返却され元本割れがほぼ100%ありません。何故かというと国債を購入した場合、その国に投資するという事になるので国が破綻しない限り安全だからです。この事から債券は最も安全な金融商品といわれています。

保有しているだけで金利が受け取れる

②金利(クーポン)が受け取れる

債券は保有しているだけで年2回の金利(クーポン)が貰えます。この金利は債券の種類によって変わってきますが、預貯金における利息のようなものです。中には預貯金の数倍の利回りのものもあり高い利回りで人気があります。

中途売却をすると損をする可能性がある

債券デメリットは以下2点が挙げられます。

途中売却をすると元本割れの危険性が有る

①中途売却をすると元本割れを起す可能性が有る

債券は満期前に中途売却をしてしまうと元本割れを起してしまう可能性があります。何故ならば、債券は株価と同じように需要と供給のバランスで常に価格の変動がある為、中途売却をした場合、損失が発生してしまう可能性があるからです。もちろん、満期日まで持てば額面金額がほぼ100%戻ってきますので中途解約をしない事が賢い選択です。

企業が倒産してしまうリスクがある

②発行体の信用リスクが有る

債券は国や企業に投資するという事になるので発行体の信用リスクがあります。もしも、投資をしている国や企業などが破綻してしまうと満期時に償還金を受け取れない場合や金利の受け取りが出来なくなる可能性があります。尚、この状態をデフォルト(債務不履行)と呼びます。しかし、マネックス証券が取り扱っている債券では、過去にデフォルトした事例は無いのでほぼ100%安全といえます。

投資初心者には個人向け国債がお薦めです。

債券は大きく分けて以下の4点に分類されます。

国債は日本が発行する債券

①国債

国債とは、日本の政府が発行する債券の事を指します。満期までの期間は3年・5年・10年が一般的です。こちらは最もリスクが低く初心者向きの債券です。

地方債は地方自治体が発行する債券

②地方債

地方債とは、東京都や大阪府などの地方自治体が発行する債券の事を指します。満期までの期間は3年・5年が一般的です。こちらも国債と同様リスクが低く初心者向きの債券です。

社債は一般企業が発行する債券

③社債

社債とは、一般企業が発行する債券の事を指します。満期までの期間は3年・5年が一般的です。こちらは発行する企業のデフォルトリスクもありますので購入する時は事前の調査が必要です。

外国債は外国や企業が発行する債券

④外国債

外国債券とは、外国や企業が発行する債券の事を指します。満期までの期間は3年・5年・10年が一般的です。こちらも他の債券同様、満期時には額面通りの金額が戻ってきますが、購入時も満期時も外貨での取引になる為、為替変動リスクがあります。

最短翌日から取引OK!証券会社の口座開設から外貨MMFの購入までを説明します。

今回は投資初心者に人気のマネックス証券を使った売買方法をご紹介します。


証券口座の口座を開設

①証券会社で口座開設


銀行口座を作るのと同じように証券口座を開設します。申し込みは全てWEB上から行え数分程度で完了します。その後は証券会社から書類が送られてきますのでそちらに署名・捺印をし返送。書類に不備が無ければすぐに口座が開設されます。


証券口座にログインし自分の銀行口座から入金

②証券口座にログインし銀行口座から必要資金を入金


口座が開設したら口座開設通知に記載されているID、パスワードで自分の口座へログインします。売買に必要な資金は自身の銀行口座からインターネットバンキングを利用し証券口座へ移します。


購入したい商品を選んで買い注文を出す

③購入したい商品を選んで買い注文を出す


自分の欲しい商品を検索し見つかったら現在の価格を確認し、買い注文を出します。もちろん売り注文も同じ手順でOKです。また、受け付け完了後に注文内容の確認や取り消しを行なう事も可能です。

債券投資に関する良くある質問です。

債券投資のよくある質問をご紹介 質問

債券はどこで購入出来ますか?

全国の債券取り扱い証券会社を通じて購入と売却が可能です。大手ネット証券会社ではマネックス証券などが人気があります。

債券はいくらから購入出来ますか?

個人向け国債ですと10,000円から購入可能です。

質問

債券が購入出来る時間帯は何時から何時までですか?

各証券会社によって取引出来ない時間帯もありますが、ほぼ24時間取引出来ます。

質問

債券は最初から運用期間が決まっていると聞きましたがどれ位ですか?

発行体の安全性はS&Pジャパンという第三者機関が評価をしています。マネックス証券で取り引きする場合、注文前に発行体ごとの安全性(格付け)を確認できるので非常にお勧めです。

質問

債券を発行している国や企業の安全性を知りたいのですがどうしたらいいですか?

最も一般的な個人向け国債で3年・5年・10年です。ですが、運用期間はその発行体によって様々なのでもっと短期のものも存在します。

質問

債券は満期になるまでの間、中途売却は出来ますか?

満期前でも中途売却可能です。しかし、債券の価格は常に変動しているので中途解約すると損をしてしまう場合があるので注意が必要です。

質問

債券を購入しようとしたら買えませんでした…売り切れですか?

債券の中でも金利が高いものは注文が殺到し売り切れてしまう場合も有ります。ですがマネックス証券ならキャンセル待ちが可能なので購入出来るチャンスが広がります。

質問

債券で利益が出た場合、税金はどうなりますか?

債券の金利には、20%の税金が掛かります。雑所得として扱われ金額によっては確定申告が必要になります。

個人投資家の債券投資の感想

債券投資のクチコミ

初めて国債を購入しました。債券投資は国にそのものに投資をする商品ですので日本が破綻しない限りは、元本割れがほぼ無い商品です。私の様な初心者には有難い商品だと思います。(30代 主婦 マネックス証券を利用

債券投資のクチコミ

2014年、マネックス証券で年利15.1%のトルコリラ建債を購入しました。その後は円安の助けもあって、トータル収支376万円の含み益が出ています。購入するなら円安が進む今がチャンスだと思います。(20代 主婦 マネックス証券を利用

どの証券会社を使うかが最大限に利益を上げるポイントです。

債券投資には取引手数料が安く、ネット上で全てが完結できるネット証券会社がおすすめです。手数料が安ければその分、利益も出し易くなりますし、ネット証券会社を使う事でわざわざ証券会社に出向く必要もありません。パソコンでも携帯でもインターネットが使える環境であれば時間や場所を選ばず取引が可能となります。尚、以下が債券投資で人気のネット証券会社です。今なら期間限定キャンペーンも実施していますので大変お得です。

<債券投資で人気のネット証券会社>
証券会社名
※クリックで公式サイトへジャンプできます。
最低購入金額 手数料 モバイル対応/スマホ 無料セミナー 電話サポート
マネックス証券 10,000円 0円 ○/OK 24時間対応

たった3分でお申込み完了!最短翌日からお取引可能です。

マネックス証券の口座開設は非常に簡単です。お申込みは全てインターネット上から行え、所要時間も約3分程度です。お申し込み後はマネックス証券から書類が送られてきますのでそちらに署名・捺印をしご返送。書類に不備が無ければ口座が開設されます。

口座開設の手順
口座開設はこちら
債券投資を知ろう!
投資商品一覧
お薦めの証券会社

マネックス証券