【 今だけ!新規口座開設で最大51,000円をプレゼント♪ 】
当キャンペーンは終了致しました。


1分で分かる単元未満株(ミニ株)の特徴

好きな株式銘柄を1株単位で購入可能

単元未満株とは各銘柄ごとに決められている最低取引株数(1単元)に満たない株数で取引出来る商品です。通常、株取引と聞くと初期投資が数十万円掛かるイメージを持たれる方が多いと思いますが、この単元未満株なら1株から売買出来る為、最低1円から株取引を始める事が出来ます。また、単元未満株には配当金を受け取る権利が有り、例え1株しか保有していない場合でも現物株と同様に配当を受け取る事が可能です。その上、1単元まで買い増せば現物株と同じ扱いとなり、株主優待や議決権などの権利を得る事も可能となっており、初心者層を中心に非常に人気の商品です。

少ない投資で様々な株に投資出来る為、リスクヘッジが可能

単元未満株のメリットは以下3点が挙げられます。

通常高額な株でも数百円で購入可能

①少ない資金で購入出来る

単元未満株は1株単位で取引が出来るので、少ない資金で購入する事が可能です。例えば、株価が500円で最低取引株数が100株の銘柄であれば、通常500円×100株で5万円の資金が無いと購入出来ません。しかし、単元未満株であれば冒頭で触れた通り1株から売買出来る為、500円で購入する事が可能です。

1株から買えるからリスクの分散が可能

②株価下落のリスクが分散が出来る

①で触れた通り、単元未満株は1株づつ購入出来る為、様々な株式を少しずつ所有する事で株価下落のリスクの分散が可能です。通常の現物株取引の場合、株価が下落した時のダメージが非常に大きいですが、単元未満株の場合は投資先を分散する事によりリスクを軽減出来ます。

1株しかもっていなくても配当金が受け取れる

③現物株と同様に配当金を受け取れる

単元未満株は現物株と同様に配当金を受け取る権利があります。この配当金額は株保有数に比例し上下しますが、例え1株しか保有していない場合でも問題なく配当金を受け取る事が出来ます。

約定時間や権利など様々な制限が有る

単元未満株のデメリットは以下5点が挙げられます。

通常の株取引に比べ手数料が高い

①売買手数料が高い

単元未満株の手数料は現物株取引に比べ1.5倍~2倍程度、割高です。この手数料は証券会社によって多少の違いはありますが、基本的に約定代金×0.5%となっています。例えば10万円で約定した場合の手数料は10万円×0.5%で500円(税抜)となります。

取引できる時間に制限がある

②リアルタイムレートで購入出来ない

単元未満株は注文した時間によって約定金額が異なる為、リアルタイムのレートで購入出来ません。単元未満株の約定金額は24:00から10:30までに注文されたものはその日の後場(12:30~15:00)の始め値で約定され、15:30から21:00までに注文されたものは翌日の前場(9:00~11:00)の始値で約定されます。また、注文出来る時間にも制限があり、21:00~翌15:30までとなっており、通常の現物株の取引とは逆で株式市場が空いている時間は取引が出来ないイメージです。

株主としての議決権が無い

③議決権が与えられていない

株主総会に出席する為の議決権は1単元ごとに与えられている為、単元未満株に議決権はありません。ですが、冒頭でも触れた通り、単元未満株は買い増しをする事が出来る為、1単元まで買い増しをし議決権を得る事も可能です。

株主優待券が無い

④株主優待を貰う事が出来ない

③と同様に株主優待権も1単元ごとに与えられている為、単元未満株は株主優待が受けられません。また、議決権と同様に1単元まで買い増しをする事により株主優待の権利を獲得する事も可能です。

取引できる業者・銘柄が限られている

⑤取引出来る証券会社が限られている

単元未満株は全ての証券会社で売買出来る訳では無く取引出来る証券会社が限られています。取り扱い業者は数ある証券会社の中でも、マネックス証券、SBI証券、楽天証券などの大手数社に限られています。

最短翌日から取引OK!証券会社の口座開設から株式購入までを説明します。

今回は投資初心者に人気のマネックス証券を使った売買方法をご紹介します。


証券口座の口座を開設

①証券会社で口座開設


銀行口座を作るのと同じように証券口座を開設します。申し込みは全てWEB上から行え数分程度で完了します。その後は証券会社から書類が送られてきますのでそちらに署名・捺印をし返送。書類に不備が無ければすぐに口座が開設されます。


証券口座にログインし自分の銀行口座から入金

②証券口座にログインし銀行口座から必要資金を入金


口座が開設したら口座開設通知に記載されているID、パスワードで自分の口座へログインします。売買に必要な資金は自身の銀行口座からインターネットバンキングを利用し証券口座へ移します。


購入したい商品を選んで買い注文を出す

③購入したい商品を選んで買い注文を出す


自分の欲しい商品を検索し見つかったら現在の価格を確認し、買い注文を出します。もちろん売り注文も同じ手順でOKです。また、受け付け完了後に注文内容の確認や取り消しを行なう事も可能です。

単元未満株に関する良くある質問です。

単元未満株に関するよくある質問をご紹介 質問

単元未満株はどこで購入出来ますか?

外貨MMFを取り扱う証券会社でを購入と売却が可能です。大手ネット証券会社ではマネックス証券がお勧めです。

質問

単元未満株はいくらから購入出来ますか?

単元未満株は1株から購入出来る為、ほとんどの銘柄で数百円程度で購入可能です。

質問

単元未満株ではどのようなコストが掛りますか?

通常の株式取引と同様、売買手数料のみコストが発生します。

質問

単元未満株で利益が出た場合の税金はどうなりますか?

通常の株式取引と同様、利益の10%を納税する事となります。

質問

どの市場の銘柄が売買可能ですか?

東証、大証に上場されているものに関しては、全ての銘柄で売買が可能で、それ以外の市場に関しては各証券会社により異なっています。

個人投資家の単元未満株の感想

単元未満株(ミニ株)のクチコミ

株式取引は敷居の高い物だと思っていましたが、単元未満株なら最低1円から購入出来ると聞き株式取引デビューをしてみました。これなら何度でも失敗出来るので初心者の私にピッタリの商品です。(20代 主婦 マネックス証券を利用)

単元未満株(ミニ株)のクチコミ

ずっと高額で手が出せなかった任天堂株を単元未満株の取引で購入する事が出来ました!たった1株でも憧れの企業の株主になれて嬉しいです^^これから余裕のある時に買い増しをして株主の権利を獲得したいです!(30代 サラリーマン マネックス証券を利用)

単元未満株(ミニ株)のクチコミ

最初は単元未満株で取引していましたが、株主優待の権利が欲しかったので最低単元数まで買い増しをして権利をGETしました。おかげで優待券が定期的に届きとても得した気分です。(30代 主婦 マネックス証券を利用)

どの証券会社を使うかが最大限に利益を上げるポイントです。

単元未満株には取引手数料が安く、ネット上で全てが完結できるネット証券会社がおすすめです。手数料が安ければその分、利益も出し易くなりますし、ネット証券会社を使う事でわざわざ証券会社に出向く必要もありません。パソコンでも携帯でもインターネットが使える環境であれば時間や場所を選ばず取引が可能となります。尚、以下が投資信託で人気のネット証券会社です。今なら期間限定キャンペーンも実施していますので大変お得です。

<単元未満株で人気のネット証券会社>
証券会社名
※クリックで公式サイトへジャンプできます。
最低購入金額 手数料 モバイル対応/スマホ 無料セミナー 電話サポート
マネックス証券 1円 48円
(税抜)
○/OK 24時間対応

たった3分でお申込み完了!最短翌日からお取引可能です。

マネックス証券の口座開設は非常に簡単です。お申込みは全てインターネット上から行え、所要時間も約3分程度です。お申し込み後はマネックス証券から書類が送られてきますのでそちらに署名・捺印をしご返送。書類に不備が無ければ口座が開設されます。

口座開設の手順
口座開設はこちら
単元未満株を知ろう!
投資商品一覧
お薦めの証券会社

マネックス証券