【 今だけ!新規口座開設で最大51,000円をプレゼント♪ 】
当キャンペーンは終了致しました。


1分で分かる信用取引の特徴

お金や株を借りて取引する手法!

信用取引とは証券会社から直接、お金や株券を借りて取引を行う株式手法です。当然、貸し付けを受ける際には証券会社に最低限の担保を預ける事が条件となりますが、問題なく口座の審査に通った場合には自己資金(担保)の約3倍までの取引が可能となっています。また、信用取引では持っていない株を売る、通称、空売りも可能で上げ相場だけではなく下落相場でも利益を狙えるメリットがあります。信用取引と聞くとハイリスクで危険というイメージが強いですが一気に資産を倍増させるには最も優れた投資手法であのジェイコム男ことBNF氏もこの手法を巧みに使っておられます。

空売りとレバレッジで資産効率が一気に高まります

信用取引には以下3つのメリットが存在します。

自己資金の3倍の取引が出来る!

①手持ち資金の3倍の取引が可能

信用取引では証券会社からお金を借りる事により、手持ち資金の約3倍の取引が可能です。冒頭でも触れた通りこの信用取引を行なうには最低限の担保が必要となります。担保額は取引額の1/3となっており、100万円の取引を希望する場合は約33万円が担保として必要になります。逆にいうと、手元に33万円の現金しかない場合でも最大で100万円分の取引が可能となる為、思惑通りに相場が動けば利益も3倍に跳ね上がる計算です。これは現物取引では不可能な事であり、信用取引の1番のメリットとなっています。

株を売りからも取引出来る!

②下落相場でも利益が狙える

信用取引では、空売りを行なう事により下落相場でも利益が狙えます。この空売りとは証券会社から株を借り売却し、その後、その株が値下がりした時点で買い戻す投資方法です。例えば株価が100万円の時に空売りをして、株価が90万円になった時点で買い戻せば100万-90万で10万円の利益が得られます。

塩漬株も担保として利用出来る!

③株式も担保として使える

①、②はお金を担保にする信用取引ですが、信用取引では自分の保有する株式も担保として充当可能です。特に売るに売れない塩漬け株を保有している方はその塩漬け株自体も担保としてあてがう事が出来ますので、資金効率を一気に高めれます。尚、担保としての株の査定額は現在価格の80%となっています。

売買手数料以外の費用の負担が大きい

信用取引には以下2つのデメリットが存在します。

追加保証金が発生する可能性がある!

①追加の担保が必要になる可能性がある

信用取引ではどの証券会社でも担保となる最低保証額が決められておりますが、相場の変動で担保が不足した場合には追加で担保が必要となります。担保の追加ラインですが、こちらは総取引額の約30%となっています。例えば100万円を元手に300万円の取引を行なった場合、300万×30%の90万円が最低保証金のラインとなる為、まだ10万円の余力がありますが、仮に株価が下落し200万円になってしまった場合は、200万×30%の60万円が担保評価額となる為、90万-60万で30万円の追加担保が必要になります。尚、もし追加の担保を拒否をした場合は証券会社により強制的に決済されてしまいますので注意が必要です。

持っているだけで掛かる手数料が有る!

②株式保有中は保有コストが発生する

信用取引では売買手数料の他に金利コストが発生します。この金利コストは証券会社からお金や株式を借りるレンタル料の様なもので株を保有している期間中は日割りで掛かってきます。信用買いを行なった場合には、日歩という金利が取引額に応じて掛かり、信用売りを行なった場合には貸し株料という金利が掛かってきます。尚、各金利の詳細はこちらでご確認下さい。

大きく利益を狙うなら圧倒的に信用取引が有利

信用取引と現物取引の違いを以下、表にまとめました。

<信用取引と現物取引を比較>
信用取引 現物取引
レバレッジ 自己資金の3倍まで適用可能 掛けられない
売買方法について 買い方・売り方共に可能 買い方のみ
取引に掛かるコスト 売買手数料、貸株金利、etc… 売買手数料のみ
取引可能な銘柄 東証、大証、マザーズの上場銘柄のうち、証券取引所が選定した銘柄のみ取引可能 東証、大証、JASDAQ、ヘラクレス、名証、セントレックスに上場している全ての銘柄が取引可能
投資期間 6ヶ月以内(制度信用取引) 期間制限無し
金利等の諸経費 信用取引手数料が発生 なし

投資家の9割が制度信用取引を利用しています

信用取引には、以下2種類の取引方法があります。


6ヶ月以内に必ず決済しなければいけない!

①制度信用取引

まずはじめに制度信用取引ですが、こちらは決済期限が最大6ヶ月と決められている取引方法です。何があっても期限内に決済をしなければいけない為、長期保有をお考えの方は注意が必要です。ちなみに一般的な信用取引といえばこの制度信用取引の事を指し、多くの投資家が利用している取引方法です。

決済期限は無制限その代わり金利が割高!

②一般信用取引

次に一般信用取引ですが、こちらは決済期限に決まりはありません。そのかわり制度信用取引と比べ株式保有中に掛かる金利が割高となっています。この金利は各証券会社により異なっていますので詳細は各社公式ホームページにてご確認下さい。

株主でなくても配当金相当額は受け取れる

配当金の変わりに配当相当額が貰える!

信用取引は証券会社からお金や株を借りて取引をするので、株の所有権は自分ではなく証券会社にあります。したがって、株主の権利である配当金は受け取れません。しかし、配当金相当額は受け取る事が出来ます。この配当金相当額は証券会社が配当権利確定日に売り手から徴収し買い手に支払う事で調整されています。つまり自分が信用買いをしている場合にはこの配当相当額を受け取る事が出来ますが、逆に信用売りをしている場合には支払わなければいけないという事になります。

保有コストが日割りで掛かってしまう

信用取引は取引コストが多数掛かる!

信用取引には売買手数料の他、株を保有している間に掛かる金利手数料が発生します。以下4つが主な手数料となります。


①日歩(ひぶ)

信用買いを行う際に発生する金利。利率は証券会社によっても異なりますが、保有株式の株価×年利2.5%~3%が日割りで掛かります。

②貸し株料

信用売りを行う際に発生する金利。平均的な貸し株料はどの証券会社もほぼ同じで、保有株式の株価×年利1.15%が日割りで掛かります。

③逆日歩

信用売りを行う際に発生する可能性がある費用。取引中の銘柄に極端に売りが集中して株不足が生じた場合、株の追加をする為の費用を売り手が負担しなければいけません。尚、この費用の額は株価と発行数によって異なります。

④配当相当金

信用売りを行う際に発生する費用。配当金権利日をまたいで信用売りを行っていた人は配当相当額を支払わなければいけません。その逆に信用買いを行っていた人は配当相当額が貰えます。尚、この配当はその株式発行体の業績などによって決まるので出る場合と出ない場合があります。

最短翌日から取引OK!証券会社の口座開設から信用取引の購入までを説明します。

今回は投資初心者に人気のマネックス証券使った売買方法をご紹介します。


証券口座の口座を開設

①証券会社で口座開設


銀行口座を作るのと同じように証券口座を開設します。申し込みは全てWEB上から行え数分程度で完了します。その後は証券会社から書類が送られてきますのでそちらに署名・捺印をし返送。書類に不備が無ければすぐに口座が開設されます。


証券口座にログインし自分の銀行口座から入金

②証券口座にログインし銀行口座から必要資金を入金


口座が開設したら口座開設通知に記載されているID、パスワードで自分の口座へログインします。売買に必要な資金は自身の銀行口座からインターネットバンキングを利用し証券口座へ移します。


購入したい商品を選んで買い注文を出す

③購入したい商品を選んで買い注文を出す


自分の欲しい商品を検索し見つかったら現在の価格を確認し、買い注文を出します。もちろん売り注文も同じ手順でOKです。また、受け付け完了後に注文内容の確認や取り消しを行なう事も可能です。

信用取引に関する良くある質問です。

信用取引のよくある質問をご紹介 質問

信用取引はいくらから始められますか?

信用取引には最低保証金というものが必要で、金額は証券会社によって異なりますが一般的には30万円となっています。

質問

信用取引で預ける担保の評価額の計算方法を教えてください。

現金は100%、有価証券は80%で計算されます。

質問

信用取引はどこで取引出来ますか?

多くの証券会社で取引する事が出来ますが、中でも一番手数料が安いマネックス証券がお勧めです。

質問

信用取引が可能な銘柄はどういった物ですか?

東証1部・2部、大証1部・2部・JASDAQ・ベンチャーファンド等の上場銘柄で証券会社に指定された銘柄が取引可能です。

質問

信用取引で株主優待の権利は受け取れますか?

信用取引は証券会社にお金や株を借りて取引する物なので自分に株の所有権がありません。よって株主優待等の株主の権利は受けられません。

質問

信用取引の決済方法の現引き・現渡しとは何ですか?

現引きとは、信用買いで購入した株券を、そのまま現金を支払って現物株として引き受ける事で、現渡しとは同銘柄の株券を自分で購入し現物株を返却するという決済方法です。

質問

もしも追証(担保の追加)が発生したらどうしたらいいのですか?

追証が発生した場合、証券会社が指定した最低保証金の不足額を2日以内に口座に入金する必要があります。ちなみに追証が入金できない場合は証券会社に強制的に決済されてしまいます。

個人投資家の信用取引の感想

信用取引のクチコミ

信用取引は空売りが出来るので、儲けのチャンスが2倍になりますね。今までずっと現物取引をしていましたが、現在の情勢では株価が上がる事より下がる事の方が早いので現物取引より信用取引のほうが断然利益を出し易いです。(30代 主婦 マネックス証券を利用

信用取引のクチコミ

信用取引は現金が無くても株を担保に入れる事が出来るので資産の少ない僕にはピッタリの投資手法でした。丁度、売るに売れない塩漬け株を持っていたのでそれを担保に投資した所、新しく投資した株も塩漬け株もダブルで株価が上がりラッキーでした。(30代 サラリーマン マネックス証券を利用

信用取引のクチコミ

信用取引はハイリスクなイメージでしたがマネックス証券の自動決済サービスなら一定のラインで自動損切りをしてくれるので安心して取引が出来ました。他にこのようなサービスをやっている会社は無いようなのでこれから信用取引を始める方は使わない手はないでしょう。(20代 サラリーマン マネックス証券を利用

どの証券会社を使うかが最大限に利益を上げるポイントです。

信用取引には取引手数料が安く、ネット上で全てが完結できるネット証券会社がおすすめです。手数料が安ければその分、利益も出し易くなりますし、ネット証券会社を使う事でわざわざ証券会社に出向く必要もありません。パソコンでも携帯でもインターネットが使える環境であれば時間や場所を選ばず取引が可能となります。尚、以下が信用取引で人気のネット証券会社です。今なら期間限定キャンペーンも実施していますので大変お得です。

<信用取引で人気のネット証券会社>
証券会社名
※クリックで公式サイトへジャンプできます。
最低購入金額 売買手数料 モバイル対応/スマホ 無料セミナー 電話サポート
マネックス証券 30万円 105円~ ○/OK 24時間対応

たった3分でお申込み完了!最短翌日からお取引可能です。

マネックス証券の口座開設は非常に簡単です。お申込みは全てインターネット上から行え、所要時間も約3分程度です。お申し込み後はマネックス証券から書類が送られてきますのでそちらに署名・捺印をしご返送。書類に不備が無ければ口座が開設されます。

口座開設の手順
口座開設はこちら
FXで月収100万円
信用取引を知ろう!
投資商品一覧
お薦めの証券会社

マネックス証券