【 今だけ!新規口座開設で最大51,000円をプレゼント♪ 】
当キャンペーンは終了致しました。


1分で分かる新規公開株(IPO)の特徴

証券取引所に初上場。最も儲けやすい商品

新規公開株(IPO)とは、文字通り新たに市場に上場される株式を指します。この新規公開株は将来の成長を期待されてる企業の株式なので、ほとんどの銘柄で売出し価格(公募価格)より上場後の初値価格が高く付くという特徴を持っています。当然、人気が高いので購入するには抽選に申し込み、当選する必要がありますが、当たったら一攫千金も夢ではない宝くじのような商品です。

購入出来れば一攫千金も夢ではない

抽選に当った時に高いリターンの期待大

新規公開株の1番のメリットは、何といってもその高い収益性にあります。冒頭でも触れた通り、新規公開株は将来の成長を期待されている企業の株式なので今まで上場された銘柄の内、約90%以上が初値価格が公募価格を大きく上回っています。一例を出しますと、2006年に上場したミクシィは公募価格155万円に対し、初値は295万円を付けました。手数料や税金を引いても単純に100万円以上の儲けです。このように新規公開株は通常の株では考えられない高い収益性を秘めています。

抽選に当らなければ購入出来ない

高い倍率の抽選に当らないと購入出来ない

新規公開株のデメリットは上記で紹介したメリットの裏返しともいえ、人気が有り過ぎる為、抽選に当たらないと購入出来ない点です。この倍率は数十倍ともいわれていて、通常の株式のように簡単に購入する事が出来ません。ちなみに、抽選方法は各証券会社によって異なり、大口顧客優先と完全抽選の2種類に分かれます。

公平な完全抽選方式の証券会社を利用しよう

証券会社によって抽選方法が違う

上記でも触れましたが、新規公開株の抽選方法は各証券会社によって異なります。大きく分けると2パターンあり、大口顧客を優遇して当選確率を上げる仕組みを導入する証券会社と、申込みを行った全ての投資家を公平に抽選する証券会社が存在します。ちなみに野村證券などの窓口注文型の証券会社は大口顧客優先の所がほとんどでマネックス証券などのネット証券会社は完全抽選の所が多いのが特徴です。

誰でも簡単にできる「当選確率を上げるコツ」とは?

複数応募する事によって当選確率もUPする

これまでの説明を見て抽選に当選する事は少々ハードルが高いと感じた方もいると思いますが、実は簡単に当選確率を数倍に上げる事が可能なのです。その方法とは単純に完全抽選方式を取っている証券会社の口座を複数作り、全ての抽選に参加する事です。ちなみにどの証券会社でも口座開設・抽選は無料なので全く損はありません。とにかく、下手な鉄砲も数打ちゃ当たる作戦が当選への1番の近道になっています。

主幹事会社が市場を調査をして公募価格を決定

主幹事の証券会社が適正株価を調査して決定

新規公開株の公募価格は新規公開株の売買を任された主幹事証券会社が投資家の希望購入額や類似企業の市場株価を調査(ブックビルディング)し決定します。また、上場した際に初めて付く初値が、この公募価格を下回った場合には主幹事の証券会社は恥を掻くだけでなく、投資家からの信用も失ってしまいますので、大抵の場合は市場の適正株価より20%程度ディスカウントした価格を公募価額として設定しています。

信憑性の高い初値予想を知るには信用ある会社の情報を選ぼう

初音予想は勝手サイトではなくプロに聞こう

新規公開株の初値予想は多くの株関連サイトで拝見できますが、ほとんどの場合、信憑性のない勝手サイトが情報を発信している為、むやみに信用すると危険です。確かな情報を得るには信用ある会社からの情報が必要です。お薦めはマネックス証券無料で提供している初値予想レポートです。マネックス証券は数ある証券会社中で初めて主幹事を務めたこともあり、ネット証券ではトップレベルの取扱い数を誇っています。そのノウハウを生かした初値予想レポートはよく当ると評判で大変好評です。

どんなに高額な株でも買付手数料は完全無料

新規公開株は購入手数料が無料

新規公開株の買付け手数料は完全無料で、売却時のみ手数料が必要となっております。ちなみにこの売却手数料は窓口やコールセンターを利用した場合、最低でも数千円程掛かってしまいますが、ネット証券会社を利用した場合は500円程度で済みますので、少しでも手数料を抑えたい方はネット証券会社の利用をお勧めします。

最短翌日から取引OK!証券会社の口座開設から新規公開株の購入までを説明します。

今回は投資初心者に人気のマネックス証券使った売買方法をご紹介します。


証券口座の口座を開設

①証券会社で口座開設


銀行口座を作るのと同じように証券口座を開設します。申し込みは全てWEB上から行え数分程度で完了します。その後は証券会社から書類が送られてきますのでそちらに署名・捺印をし返送。書類に不備が無ければすぐに口座が開設されます。


証券口座にログインし自分の銀行口座から入金

②証券口座にログインし銀行口座から必要資金を入金


口座が開設したら口座開設通知に記載されているID、パスワードで自分の口座へログインします。売買に必要な資金は自身の銀行口座からインターネットバンキングを利用し証券口座へ移します。


購入したい商品を選んで買い注文を出す

③購入したい商品を選んで買い注文を出す


自分の欲しい商品を検索し見つかったら現在の価格を確認し、買い注文を出します。もちろん売り注文も同じ手順でOKです。また、受け付け完了後に注文内容の確認や取り消しを行なう事も可能です。

新規公開株(IPO)に関する良くある質問です。

新規公開株(IPO)のQ&A 質問

新規公開株(IPO)はどこで購入出来ますか?

新規公開株の販売を委託されている幹事証券会社で購入可能です。ネット証券会社ではマネックス証券やSBI証券、楽天証券で購入出来ます。

質問

新規公開株の抽選には誰でも参加できますか?

証券会社の口座をお持ちの方なら誰でも応募が可能です。公平な抽選を求めるならネット証券会社がお勧めです。

質問

新規公開株(IPO)はいくらから購入出来ますか?

銘柄により異なりますが、安いものであれば10万円以下から購入可能です。

質問

新規公開株の手数料はいくら掛かりますか?

買付け手数料は完全無料です。売却手数料は各証券会社で違いますが通常500円~となっております。

質問

新規公開株の公募価格と初値の違いは何ですか?

公募価格は上場前に投資家が新規公開株を購入する価格で、初値は上場後、一番最初に付いた金額の事です。

質問

ブックビルディングとは何ですか?

主幹事証券会社が投資家の希望価格や類似企業の株式価格より市場のを調査し公募価格を決定する事です。

質問

新規公開株の主幹事証券会社とは何ですか?

主幹事証券会社とは、新規公開株の売り出しを任されている幹事証券会社の中でも最も引受数量が多い証券会社の事です。

投資家の新規公開株(IPO)の感想

新規公開株(IPO)のクチコミ

新規公開株は本当においしいですよ!僕は過去20回以上の当選で500万円以上の利益が出ました。良く当選のコツは?と聞かれますが、完全抽選をしている証券口座を作って応募するのが一番いいです。(40代 会社員 マネックス証券を利用

新規公開株(IPO)のクチコミ

先日、上場したIT株で180万円の利益が出ました。今のところ新規公開株での勝率は17勝3敗ですが、最近は上場する企業も一気に増えてきていますのでこの調子でどんどん当選していきたいと思います。(30代 OL マネックス証券を利用

新規公開株(IPO)のクチコミ

新規公開株は一般の人には無縁のものだと思っていましたが、このネット証券会社を使ったら簡単に当選しました。何が何でも当選したい方は複数の証券会社からのお申込みは必須かと思います。(30代 主婦 マネックス証券を利用

どの証券会社を使うかが最大限に利益を上げるポイントです。

新規公開株(IPO)には取引手数料が安く、ネット上で全てが完結できるネット証券会社がおすすめです。手数料が安ければその分、利益も出し易くなりますし、ネット証券会社を使う事でわざわざ証券会社に出向く必要もありません。パソコンでも携帯でもインターネットが使える環境であれば時間や場所を選ばず取引が可能となります。尚、以下が新規公開株(IPO)で人気のネット証券会社です。今なら期間限定キャンペーンも実施していますので大変お得です。

<新規公開株(IPO)で人気のネット証券会社>
証券会社名
※クリックで公式サイトへジャンプできます。
主幹事証券会社実績 抽選方式 モバイル対応/スマホ 無料セミナー 電話サポート
マネックス証券 多数 完全抽選 ○/OK 24時間対応

たった3分でお申込み完了!最短翌日からお取引可能です。

マネックス証券の口座開設は非常に簡単です。お申込みは全てインターネット上から行え、所要時間も約3分程度です。お申し込み後はマネックス証券から書類が送られてきますのでそちらに署名・捺印をしご返送。書類に不備が無ければ口座が開設されます。

口座開設の手順
口座開設はこちら
新規公開株を知ろう!
投資商品一覧
お薦めの証券会社

マネックス証券