【 今だけ!新規口座開設で最大51,000円をプレゼント♪ 】
当キャンペーンは終了致しました。


1分で分かる投資信託の特徴

プロに任せる資産運用

投資信託とは、資産運用の全てをプロに任せる金融商品です。資産運用の仕組みはファンドと呼ばれる資産運用会社が、複数の投資家から資金を集め、それを株や債権などに投資し、そこで生まれた利益を投資家へ還元する仕組みになっています。また、多くの投資家から資金を集める事で個人では投資不可能なものへも投資する事が可能です。さらに、プロに資産運用の全てを任せられるので難しい専門知識が要らず初心者でも簡単に投資に参加する事が出来る為、非常に人気がある金融商品です。

初心者でも簡単に投資出来る

投資信託のメリットは以下4点が挙げられます。

高額な資金が必要な物も投資対象に出来る

①幅広い商品に投資出来る

投資信託は投資家の資金を1つに集めて運用する為、個人では投資出来ないものへも投資可能です。中には新興国の株式や、レアメタルなどで運用されている投資信託も存在します。

少ない資金で投資出来る

②少ない資金で投資可能

①で説明した通り投資信託は投資家の資金を集め運用する商品なので1人辺りの負担が少なく最低1,000円から購入出来ます

様々な商品に投資可能リスクを分散出来る

③分散投資でリスクヘッジが可能

投資信託は少ない資金で様々な商品に投資出来るので、リスクヘッジが可能です。例えば、株・債券・土地といった複数の商品に投資する事で、それぞれの商品の持つリスクを分散し小さくする事が可能です。

資産運用をプロに任せられる

④資産運用をプロに任せられる

投資信託はプロのファンドマネージャーが資産運用の全てを行ってくれるので、専門知識が全く無い投資初心者でも簡単に投資する事が出来ます。

プロに運用を任せるので相応のリスクが有る

投資信託のデメリットは以下2点が挙げられます。

元本割れのリスクがある

①元本割れのリスクがある

投資信託の資産運用の成果は全てファンド側に掛かっている為、元本割れをするリスクがあります。実績のあるファンドであればそれなりの利益を期待出来ますが、実績の無いファンドを選んでしまうとかなりのリスクを伴います。ですので、自分の投資する商品については、事前にしっかりと調べておく事が重要です。

売買手数料と信託手数料の2つが掛かる

②手数料が高い

投資信託の手数料は売買手数料と信託手数料の2つが掛かり他金融商品より割高です。まず始めに、売買手数料は名前の通り売買時に掛かるもので、商品によって多少の違いはありますが、売買価格の3%が一般的となっています。次に信託手数料ですが、こちらは資産を運用して貰っているファンドに支払う報酬です。こちらは商品によって大きく異なり、かなりの金額になる事もありますので、手数料に関しても事前に調べておく事が重要です。

株価と同じように日々変動している

投資信託の基準価額について

投資信託の基準価額は株式でいう株価に相当するもので投資信託の価格の事を指します。この基準価額はそれぞれの商品によって毎日変動します。例えば、ETNのような株式投資信託と呼ばれるものの場合、株式同様に秒単位で価格が変わりリアルタイムレートで売買出来ますが、外貨MMFのような公社債投資信託と呼ばれるものは1日1回決められた価格でしか売買出来ません。

投資信託の種類は運用対象や募集方法によって様々

上記でも触れた通り、投資信託には株式投資信託と公社債投資信託の2種類があります。さらにこの中から、いつでも購入できる追加型投資信託と購入時期が限定されている単位型投資信託に分類されます。詳しくは以下の表をご覧下さい。

<投資信託の種類を比較>
追加型(オープン型) 単位型(ユニット型)
株式投資信託 スポット株式投信とは異なりいつでも時価で購入し売却することができます。 一定期間の募集のみで設定されるので、「スポット投信」とも呼ばれます。
公社債投資信託 長期公社債投信・中期国債ファンド・MRF(マネー・リザーブ・ファンド)などがあります。 公社債を中心に組み入れ、安定運用を目指す公社債投信から、新興市場や金融派生商品へ投資をする公社債投信まで、様々なファンドがあります。
MMF 内外の公社債や短期の金融商品を中心に運用。分配金は運用実績により毎日変動し、毎月末に一括再投資されます。当日の分配金がつきます。
<その他の投資信託>
追加型(オープン型)
ETF 市場に上場されており、常時価格が変化して柔軟な取引が出来ます。
ETN 株価指数や商品価格等に連動する債権で価格は常に変動します。
J-REIT 不動産への投資を組み込んだファンドで、株式型とは異なる値動きが期待出来ます。

最短翌日から取引OK!証券会社の口座開設から投資信託購入までを説明します。

今回は投資初心者に人気のマネックス証券使った売買方法をご紹介します。


証券口座の口座を開設

①証券会社で口座開設


銀行口座を作るのと同じように証券口座を開設します。申し込みは全てWEB上から行え数分程度で完了します。その後は証券会社から書類が送られてきますのでそちらに署名・捺印をし返送。書類に不備が無ければすぐに口座が開設されます。


証券口座にログインし自分の銀行口座から入金

②証券口座にログインし銀行口座から必要資金を入金


口座が開設したら口座開設通知に記載されているID、パスワードで自分の口座へログインします。売買に必要な資金は自身の銀行口座からインターネットバンキングを利用し証券口座へ移します。


購入したい商品を選んで買い注文を出す

③購入したい商品を選んで買い注文を出す


自分の欲しい商品を検索し見つかったら現在の価格を確認し、買い注文を出します。もちろん売り注文も同じ手順でOKです。また、受け付け完了後に注文内容の確認や取り消しを行なう事も可能です。

投資信託に関する良くある質問です。

投資信託のQ&A 質問

投資信託はどこで購入出来ますか?

投資信託取り扱い証券会社を通じて売買可能です。ネット証券会社ではマネックス証券が取り扱いをしています。

質問

投資信託は、何時から何時までの間に注文が出来ますか?

基本的に証券取引所が空いている9:00~15:00の間に取引可能です。

質問

投資信託はいくらから始めれますか?

商品によって異なりますが、積み立てであれば1,000円から、スポット買いであれば10,000円から購入可能です。

質問

投資信託の追加型と単位型にはどのような違いがありますか?

追加型は、当初設定された投資信託にその後も追加購入が可能な投資信託で、いつでも売買可能です。一方、単位型は募集期間内に購入しなくてはならず、その購入時期を逃すと途中購入する事が不可能です。

質問

投資信託にはどのようなコストが掛りますか?

売買手数料と信託手数料が掛かります。

質問

投資信託で利益が出た場合、税金はどうなりますか?

株式と同じで合計20.315%(所得税15%、住民税5%、復興特別所得税)の税金が掛かります。
※復興特別所得税とは東日本大震災の復興増税で所得税に対して2.1%上乗せで掛かります。

質問

投資信託の運用状況はどこで確認出来ますか?

運用会社か郵送で送られて来る運用報告書や、週報・月報等などで確認出来ます。

個人投資家の投資信託の感想

投資信託のクチコミ

初めての投資で投資信託を選びました。プロが運用の全てをしてくれるので知識の無い私でも簡単に参加出来ました。(30代 主婦 マネックス証券を利用

投資信託のクチコミ

円高の今、外貨資産に投資するチャンスだと思い外貨建ての投資信託を始めました。銀行に預ける何倍も高い利回りを期待出来るのでこれから預けたお金がどれ位増えるか楽しみです。(30代 サラリーマン マネックス証券を利用

投資信託のクチコミ

積み立て型の投資信託で金への投資を始めました。毎月5,000円からとコツコツ積み立てをして将来子供が大きくなった時の学費に当てたいと思っています。(20代 主婦 マネックス証券を利用

どの証券会社を使うかが最大限に利益を上げるポイントです。

投資信託には取引手数料が安く、ネット上で全てが完結できるネット証券会社がおすすめです。手数料が安ければその分、利益も出し易くなりますし、ネット証券会社を使う事でわざわざ証券会社に出向く必要もありません。パソコンでも携帯でもインターネットが使える環境であれば時間や場所を選ばず取引が可能となります。尚、以下が投資信託で人気のネット証券会社です。今なら期間限定キャンペーンも実施していますので大変お得です。

<投資信託で人気のネット証券会社>
証券会社名
※クリックで公式サイトへジャンプできます。
最低購入金額 手数料 モバイル/スマホ 無料セミナー 電話サポート
マネックス証券 1,000円 105円~ ○/OK 24時間対応

たった3分でお申込み完了!最短翌日からお取引可能です。

マネックス証券の口座開設は非常に簡単です。お申込みは全てインターネット上から行え、所要時間も約3分程度です。お申し込み後はマネックス証券から書類が送られてきますのでそちらに署名・捺印をしご返送。書類に不備が無ければ口座が開設されます。

口座開設の手順
口座開設はこちら
FXで月収100万円
投資信託を知ろう!
投資商品一覧
お薦めの証券会社

マネックス証券