【 今だけ!新規口座開設で最大51,000円をプレゼント♪ 】
当キャンペーンは終了致しました。

1分で分かる外貨MMFの特徴

外貨MMFとは?

外貨MMFは投資信託の一種でドルやユーロ、豪ドルなどの主要な外貨で運用される投資信託です。特徴としては外貨預金と似ていますが、外貨預金よりも利回りが高く、元本割れのリスクが低い、とても安全な金融商品です。しかも、この外貨MMFはたった1,000円から取引する事ができ、例え翌日に解約したとしても解約金等のペナルティーが一切発生しない事から、初心者を始め多くの投資未経験者に利用されています。また、最近では金利が低い外貨預金からの乗り換えで大きく稼がれている方が続出しています。

外貨建ての商品の中で一番、安心・安全です。

外貨MMFのメリットは以下3点が挙げられます。

高い利回りが期待出来る

①高い利回りが期待出来る

外貨MMFは外貨金融商品の中でも抜群に高い利回りを実現しています。冒頭でも触れた通り、外貨預金と良く似ている商品ですが、同じ米ドルで取引した場合、外貨預金では年間0.05%の利息に対し、外貨MMFでは年間0.2%と4倍も高い利息が付きます。

元本割れを起すリスクが無い

②元本割れのリスクが無い

外貨MMFは安全性の高い国債や社債などで運用されている為、元本割れのリスクがほとんど有りません。ちなみに、日本で取り扱いされている外貨MMFは過去に一度も元本割れを起した事が無い為、安心して取引が出来ます。

満期が無いのでいつでも売却可能

③解約ペナルティが無い

外貨MMFはいつ解約してもペナルティがありません。外貨MMFによく似た外貨預金では、満期前に解約するとペナルティとして違約金が発生しますが、外貨MMFの場合は例え1日で解約したとしても違約金が発生する事はありません。

1日1回までしか購入出来ません。

決められた時間の金額でしか取引出来ない

外貨MMFのデメリットは1日1回、決められた時間の金額でしか取引出来ない点です。この時間は証券会社によって様々ですが、ほとんどの会社で14時付近で設定され、注文の締め切りは10分前となっています。例えば朝の時点で注文しても昼の注文時間直前に値上がりした場合、その金額で注文が執行されてしまいます。価格の乖離無く購入するにはいかに締め切り時間ギリギリで注文するかが重要となります。

外貨MMFなら為替差益が無税で解約ペナルティも一切無し!

外貨MMFと外貨預金の違いをきっちり学ぼう

外貨MMFと外貨預金の決定的な違いは、解約ペナルティの有無です。メリットでも説明しましたが、外貨預金の場合、3ヶ月ないし半年間の満期前に解約すると違約金が掛かってしまいますが、外貨MMFの場合、例え翌日に解約したとしても一切違約金が掛かりません。また、税金面に関しても外貨預金の場合、為替差益に税金が掛かりますが外貨MMFの場合、非課税となっており税金面でも優遇されています。

外貨MMFならたった1,000円から取引が始めれます。

外貨MMFとFXの違いをきっちり学ぼう

外貨MMFとFX(外国為替証拠金取引)の決定的な違いは、売り注文を出来るか出来ないかの違いです。FXの場合、買い注文はもちろん売り注文も出す事が可能ですが、外貨MMFの場合、買い注文しか出せません。しかし、購入通貨単位で比べるとFXは1,000通貨からの取引となりますが、外貨MMFの場合、10通貨(最低100円~)から取引可能ですので、初心者向きの商品となっています。

手数料は売買手数料のみ!

目に見えて掛かるのは為替手数料のみ

外貨MMFに掛かる手数料は為替手数料と管理報酬の2つとなります。まず始めに、為替手数料ですが、こちらは外貨MMFを取引する際に掛かる売買手数料の事で、取引する通貨によって異なります。例えば、米ドルの場合1ドル往復で0.5円程度となっていますので、1万ドル取引する場合で約5,000円の売買手数料が掛かる計算です。もう一方の管理報酬は投資マネージャーに支払う報酬や保管費用などです。こちらは日々の分配金から定率で差し引かれていますので実際目に見えて分かるものではありません。ちなみに、大手ネット証券のマネックス証券なら売買手数料が米ドルの0.25円と業界最安値基準に設定されているのでお薦めです。

為替差益は全額非課税!確定申告の必要もありません。

利益が出ても確定申告の必要なし

外貨MMFの税金は為替差益に対しては非課税で、分配金にのみ掛かります。まず始めに、分配金ですが、こちらは投資信託会社が資金を運用し、その利益を投資家に還元するものです。この分配金には20%の税金が課されますが、証券会社が分配金から予め引いてくれているので確定申告の必要はありません。もう一方の為替差益は為替レートの変動により生じる利益の事です。通常、外貨預金など他の外貨建て商品の場合は税金が掛かりますが、外貨MMFの場合、外国籍の投資信託なので非課税となっています。

最短翌日から取引OK!証券会社の口座開設から外貨MMFの購入までを説明します。

今回は投資初心者に人気のマネックス証券を使った売買方法をご紹介します。


証券口座の口座を開設

①証券会社で口座開設


銀行口座を作るのと同じように証券口座を開設します。申し込みは全てWEB上から行え数分程度で完了します。その後は証券会社から書類が送られてきますのでそちらに署名・捺印をし返送。書類に不備が無ければすぐに口座が開設されます。


証券口座にログインし自分の銀行口座から入金

②証券口座にログインし銀行口座から必要資金を入金


口座が開設したら口座開設通知に記載されているID、パスワードで自分の口座へログインします。売買に必要な資金は自身の銀行口座からインターネットバンキングを利用し証券口座へ移します。


購入したい商品を選んで買い注文を出す

③購入したい商品を選んで買い注文を出す


自分の欲しい商品を検索し見つかったら現在の価格を確認し、買い注文を出します。もちろん売り注文も同じ手順でOKです。また、受け付け完了後に注文内容の確認や取り消しを行なう事も可能です。

外貨MMFに関する良くある質問です。

外貨MMFのQ&A 質問

外貨MMFはどこで購入出来ますか?

外貨MMFを取り扱う証券会社でを購入と売却が可能です。大手ネット証券会社ではマネックス証券がお勧めです。

質問

外貨MMFはいくらから購入出来ますか?

各証券会社によって異なりますが、ほとんどの場合、最低10通貨から取引可能です。現在、最安値の南アフリカランドなら100円台から始めることが可能となっています。

質問

外貨MMFにはどのようなコストが掛りますか?

売買時に掛る手数料と信託会社に支払う管理報酬が必要です。しかし、目に見えて分かるのは売買手数料のみです。

質問

外貨MMFで儲けた際の税金はどうなりますか?

外貨MMFの場合、外国籍の投資信託なので非課税となっています。

質問

外貨MMFを1ヵ月未満で解約した場合、解約手数料はかかりますか?

外貨MMFに解約手数料は一切掛かりません。

質問

外貨MMFを扱っている会社が倒産したらどうなりますか?

投資家の資金は信託会社で分別管理される為、万が一証券会社が破綻しても預けた資産は保護されます。

個人投資家の外貨MMFの感想

外貨MMFのクチコミ

円高の今がチャンスだと思い外貨MMFを始めました。外貨預金より利回りが高くFXより少額からの投資が出きるので私のように予算の少ない主婦にはぴったりの商品です。(30代 主婦 マネックス証券を利用)

外貨MMFのクチコミ

以前は外貨預金をしていましたが好きな時に解約出来ないので自分の好きな時に解約出来る外貨MMFを始めました。税金面でも為替差益に税金がかからないので資産が目減りせずストレス無く取引できるのも嬉しいですね(20代 サラリーマン マネックス証券を利用)

外貨MMFのクチコミ

長期運用目的で豪ドルを購入しました。金利が抜群に高く年間4%も付くので銀行に預けるよりも得ですし、購入から換金までを全てネット上で出来るので大変楽です。(30代 OL マネックス証券を利用)

どの証券会社を使うかが最大限に利益を上げるポイントです。

外貨MMFには取引手数料が安く、ネット上で全てが完結できるネット証券会社がおすすめです。手数料が安ければその分、利益も出し易くなりますし、ネット証券会社を使う事でわざわざ証券会社に出向く必要もありません。パソコンでも携帯でもインターネットが使える環境であれば時間や場所を選ばず取引が可能となります。尚、以下が投資信託で人気のネット証券会社です。今なら期間限定キャンペーンも実施していますので大変お得です。

<外貨MMFで人気のネット証券会社>
証券会社名
※クリックで公式サイトへジャンプできます。
最低購入金額 手数料 モバイル対応/スマホ 無料セミナー 電話サポート
マネックス証券 1,000円 105円~ ○/OK 24時間対応

たった3分でお申込み完了!最短翌日からお取引可能です。

マネックス証券の口座開設は非常に簡単です。お申込みは全てインターネット上から行え、所要時間も約3分程度です。お申し込み後はマネックス証券から書類が送られてきますのでそちらに署名・捺印をしご返送。書類に不備が無ければ口座が開設されます。

口座開設の手順
口座開設はこちら
FXで月収100万円
外貨MMFを知ろう!
投資商品一覧
お薦めの証券会社

マネックス証券